スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ANA-中級】ANAカードのブランド選び(JCBゴールド編)

ANAカードはVISA・JCBなどのブランドだけでなく、カードのクラス(普通カード・ワイドカード・ワイドゴールドカード)も考えないといけません。

昨日の記事で紹介したANA-JCBカードにもワイドカード・ワイドゴールドカードがあり、ゴールドになると年会費は14,700円とかなり高くなって、年会費を払うだけのメリットがあるかどうかは使う方次第。

普通カードとゴールドカードのわかりやすい違いは、まずゴールドの入会・継続ボーナスマイルは普通カードより1,000マイル多く、2,000マイル。また普通カードでは2,100円かかるANAマイルへの交換手数料がワイドゴールドカードは無料となります。

ここまではANA-VISAなどのワイドゴールドも同じで、JCBのゴールドカードだけの特典もあります。

まず、ANA-JCBワイドゴールドカードならEdyチャージにより200円=ANA1マイルが貯まります。(普通カード・ワイドカードではEdyチャージによりANAマイルは貯まらず、ほかのANAカードでEdyチャージによりANAマイルが貯まるのはANAダイナーズだけのはず。)

また、JCBトラベルのOkiDokiトクトクサービスの対象カードとなりますので、JCBトラベル経由でパッケージツアーの申し込みをすれば、最大ポイント10倍で最高100円=ANA3.7マイル。

ほかのクレジットカード会社でよく見かけるツアー料金の割引特典はありませんが、ANAマイルを国際線ビジネスクラス特典航空券に交換しようとする方なら1マイル=5円以上の価値にはなると思いますので、3~5%割引より割引なしのANAマイル3.7%還元の方がいいかもしれません。

ANA-JCBワイドゴールドカードもJCBのゴールドカードですので、一般的なゴールドカード特典である、会員情報誌(THE GOLD)の送付、国内空港のカードラウンジ利用や海外旅行傷害保険などの付帯サービスもついてきます。

ただし前年度のカード利用によりもらえるスターメンバーズのOkiDokiボーナスポイントは、今年に続いて来年もさらに改悪となってしまうので、基本は100円=ANA1マイル、ボーナスポイントはあくまでオマケぐらいに考えておきましょう。

ところでANA-JCBカードではカード入会によるボーナスマイルキャンペーンを開催中。詳しくは次回の記事でご紹介します。



みなさまのクリックでこのブログのランキングが上がります。ポチっと下の画像をクリック下さい!
にほんブログ村 旅行ブログ マイレージへ「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

この記事のトラックバックURL

http://minimile.blog114.fc2.com/tb.php/1011-c4a27c8c

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。