スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ANA-上級】ANAカードのブランド選び(VISA・MASTER編)

昨日までANA JCBカードを紹介してきましたが、三井住友カードのVISA・MASTERブランドはどうでしょうか?

残念ながらJCBのような大々的なキャンペーンはやってませんが、入会ボーナスマイルが多くもらえるのはVISA・MASTERブランドでも同じです。ワイドゴールドカードなら通常の2,000マイルにキャンペーンの2,000ボーナスマイルを加えて4,000マイル、普通カードなら合計1,500マイルなど。

入会時のボーナスマイルは少ないものの、VISA・MASTERブランドの場合、年会費割引のサービスがあるのでカード発行後の年間コストはJCBより少なくなるというメリットがあります。

ただ、この割引制度、ちょっとややこしい。。。

ANA-VISA・ANA-MASTERカードの年会費割引は、マイペイすリボ適用によるものとWEB明細利用の2種類があり、マイペイすリボの年会費割引はこちらで、WEB明細申し込みによる年会費割引は

* 三井住友 VISAプラチナカードおよびゴールドカードは1,050円(含む消費税等)
* その他のカードは525円(含む消費税等)

となってます。(詳しくはこちらの「Q:年会費割引はいくらですか?」を参照。)

陸でANAマイルを貯める場合でも、年間の総コストから考えるとワイドゴールドカードの方がお得でしょう。

ANA-VISAワイドゴールドカードの年会費は、14,700円(通常の年会費) - 3,675円(マイペイすリボの割引) - 1,050円(WEB明細の割引) = 9,975円で、10マイルコース(1,000円=1ポイント=ANA10マイル)の手数料は0円。

普通カードの年会費はゴールドより安いものの、毎年10マイルコースを申し込むと、毎年6,300円の手数料がかかってしまうので、年間コストの差はごくわずか。(しかも入会・継続ボーナスマイルはゴールドカードの方が1,000マイル多い。)

マイペイすリボは初期設定のままにしておくとカード利用金額によっては金利が発生しますが、三井住友カードのV-passから支払コースの変更で現金定額コースの設定金額をカード利用の上限額にしておけば、リボの手数料はかかりません。(ただしワールドプレゼントポイントはリボ手数料を払ってないので2倍にならないはず。。。)

またWEB明細の割引は、年間6回以上カードの請求がないと適用されません。(家族カードも適用なし。)

ANA-JCBより割引の条件などが複雑ですが、ずっと使い続けるならVISA・MASTERの方がいいかもしれません。



みなさまのクリックが頼りです。本日もポチっと下の画像クリックのご協力を。。。
にほんブログ村 旅行ブログ マイレージへ「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

この記事のトラックバックURL

http://minimile.blog114.fc2.com/tb.php/1013-699fa4b5

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。