スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【未分類】今さら電子マネーへの疑問

数年前からどんどん電子マネーが増え続けてます。

気がつけば財布の中で常に待機してるのがEdy、WAON、Suica、ICOCA、PiTaPaの5枚、自宅で眠っている(ANA-VISA付帯カード式の)iD、クイックペイをあわせると7種類。Edyはぜんぶで6枚持っているので、枚数にすると電子マネーを10枚以上保有していることになります。

今さらの話ですが、電子マネーにはなぜ有効期限がないのでしょうか?

クレジットカードには有効期限がカード上に表記されていて、有効期限間際になると新しいカードが自動的に送られてきます。

かなり前にカード読みとり部分の磁気が弱くなってカードを利用できないことがありました。メインカードじゃなければ利用できなくても有効期限まで待てば新しいカードが届きますし、前のカードにはついてなかったICチップが新しいカードにはついてたりします。

最近クレジットカードを利用するときにサインをする機会が減ってかわりに暗証番号を入力するパターンが増えてきました。確かにクレジットカードの不正利用防止という店では、サインするより暗証番号入力型の方が安全で、暗証番号入力型はおそらくICチップ内蔵型のクレカだけだったはず。今後、サインする機会はますます減っていくでしょう。

一方の電子マネーはほとんどが非接触で決済するもので、以前に雑誌で「数年後には満員電車で財布を盗まれるのではなく、読み取り端末を持った窃盗犯が電車で電子マネーの残高を盗む時代が到来する。」という記事を読みました。

技術的なことはわかりませんが、電子マネーに有効期限がないということは読み取り方式は変わらず、不正利用に読み取り端末を開発する時間も十分ありますので、その雑誌で読んだ記事がもしかしたら現実になるのかも。

クレジットカードは利用明細をきっちり見てますが、プリペイド式電子マネーのチャージと利用明細は放置状態なので、電子マネー利用の確認ももうちょっと気を配って確認しておこうと思います。

便利な電子マネーにはこういった側面もありますのでご注意を。。。



やや苦戦中のブログランキング。みなさまのクリックのご協力をお願いです!
にほんブログ村 旅行ブログ マイレージへ「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

この記事のトラックバックURL

http://minimile.blog114.fc2.com/tb.php/1095-4c18ac08

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。