スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ANA-上級】ANA VISA Suicaの魅力(第2回)

ANA VISA Suicaカード特集の第2回はANAマイルへの交換手数料について。

ANA VISA Suicaカードを利用するとまずは三井住友カードのワールドプレゼントというポイントが加算され、1,000円=1ポイント。

5マイルコース(1ポイント=ANA5マイル)の場合は交換手数料がかかりませんが、ANAマイル還元率0.5%と今ひとつ。10マイルコース(1ポイント=ANA10マイル)にするには6,300円の交換手数料が必要になってきます。

この6,300円の手数料、三井住友カードのサイトでは「年度」ごとに6,300円となっていて、「年度」とは4月から翌年3月のことのようです。

ということは1月にカードを利用して2月にポイントが加算され、3月、4月に交換すると6,300円が2回請求されてしまいます。

反対に5月に加算されたポイントを翌々年の4月にポイント交換をすれば、ポイントの有効期限(2年)にぎりぎり間に合いますし、交換した年度のカード利用によるポイントは翌年3月までの交換なら、4月に交換手数料を支払済み。ポイントの有効期限は2年でも、交換手数料は3年に1回ということができるようです。(ちょっと自信がないので間違ってたらコメントでご指摘下さい。。。)

ANAマイルへの交換手数料だけ見るとANA-JCBの方が年度で2,100円と割安ですが、ANA-JCBには年会費割引のサービスがありませんので、3年間の交換手数料+年会費を考えると、

ANA-VISA Suica:788円 X 3年 + 6,300円 =8,644円
ANA-JCB:2,100円 X 3年 + 2,100円 = 8,400円

とそれほど変わらず、3年間で差は244円とほぼ同条件。

VISAもJCBもゴールドカードだと10マイルコースの手数料が不要になりますが、三井住友カードのANAゴールドでマイペイすリボを適用しても、年会費12,000円以上なので、コストを押さえて100円=1マイルなら、ANA-VISA SuicaかANA JCBの普通カードが一番でしょう。


まだまだ魅力があるANA VISA Suica。

いつもご覧頂きましてありがとうございます。ポチッとクリック投票のご協力を。
にほんブログ村 旅行ブログ マイレージへ「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

この記事のトラックバックURL

http://minimile.blog114.fc2.com/tb.php/1144-ea872beb

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。