スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【JAL-上級】JAL利用クーポンの価値を考える

今回は「JAL利用クーポン」の価値についてご紹介しようと思います。

JALマイルの利用手段はいくつかありますが、国内旅行でマイルを利用するならば、「特典航空券」か「JAL利用クーポン」への交換です。(JAL IC利用クーポンもパッケージツアーで使うのなら「JAL利用クーポン」と同じレートですが期間限定です。)

マイルの有効利用を考えるには、フライトマイルのように直接マイルになったものと、ポイントサイトなどから交換してマイルになったものを区別する必要があります。

空マイラーでJALのステータス(ダイヤモンドやプレミアなど)をお持ちの方は、フライトマイルとボーナスマイルですぐに数万マイル貯まります。(私には縁がありませんが。。。)

ただ、直接JALマイルになったものは、JAL→Yahooルートが封印されてしまったのでキャッシュバックができません。パートナー企業のポイントには交換できますが、すべて1マイル=1円です。旅行代金なら「JTBトラベルポイント」に移行できますが、「JAL利用クーポン」が1マイル=1.5円ですので「JAL利用クーポン」に交換した方が有利です。(20,000マイルで、「JTBトラベルポイント」なら20,000円分、「JAL利用クーポン」なら30,000円分)

難しいのは私のような陸マイラー。現在、自分が登録しているポイントサイトでJALに交換できるルートは

* PeX提携サイト(ECナビなど)→PeX→cecile→りそな→JAL
* Gポイント提携サイト(MyPointなど)→Gポイント→Yahoo→JAL

(VIEWカードをお持ちの方は、「りそな→JAL」をもうちょっといいレートにできるそうですが、持っていないので「りそな→JAL」のケースで紹介しています。)

の2つのルートで、手数料などを除いてすべて2円=1マイルです。

先日、紹介したJALツアーは、家族3人で122,100円。「JAL利用クーポン」で旅行代金を支払うのであれば、122,100円÷1.5 = 81,400マイルが必要です。(交換単位は無視しています。)ポイントサイトのレートが2円=1マイルといっても、キャッシュバックできるところとできないところがあるのですが、仮にすべてPeXポイントの移行でマイルにするとした場合に、逆ルートから見ると

JAL(81,400)←りそな(162,800)←cecile(162,800)←PeX(1,629,000)

となります。(PeXの最大交換ポイントは100万、2回交換しないといけませんので交換手数料(500ポイント)も2回分です。)

ところが、1,629,000PeXポイントをイーバンクなどにキャッシュバックにすると、現金で162,800円。(こちらも最大交換ポイントは100万で、交換手数料は1,000ポイント。)同じPeXのポイント数ですが、キャッシュバックして旅行代金を支払うと現金が40,700円も残ります。

しかも、ANA-JCBカードをお持ちの方なら、ツアー代金をJCBトラベル経由で申込むと、昨日の記事のとおりJCBのOkiDokiポイントが7倍、100円=7マイルという超高還元レートのANAマイルが貯まります。

また、旅行代金はそこそこの金額になりますので、ANA-JCBのスターメンバーズなど、クレジットカードのステータス決めの利用額に含まれるのも効果的です。(122,100円の旅行代金なら、旅行代金以外で377,900円のクレジット利用で来年はスターβなど。)

クレジットカードで決済して、カードの引落日にあわせてキャッシュバックすると、ポイントが減って自分の現金は減りませんので、結果としてポイントで旅行したことになります。

もうすぐJALマイルの有効期限は36ヶ月。失効マイルが直前に控えている方は、ポイント移行でJALマイルの交換単位までマイル数を増やすのは有効ですが、キャッシュバックできるポイントサイトなら、マイルに交換するのが必ずしも得策ではありません。

(次回に続く。。。)


ポイントサイトのポイントをキャッシュバックするならイーバンク。

長文を読んでいただきましてありがとうございます。。。みなさまのクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ マイレージへ

この記事のトラックバックURL

http://minimile.blog114.fc2.com/tb.php/164-40f32d29

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。