スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【未分類】2012年度版ポイント・マイルの価値(第7回)

久々の長期連続も第7回。あと数回書くと思いますが、もうしばらくお付き合い下さいませ。

前回の記事では国内旅行を前提としてマイルを使う場合、特典航空券交換なら2円=1マイルのポイント交換は微妙、マイルをクーポンに交換してツアー料金に充当するならポイントをキャッシュバックした方がおトクという内容でした。

そこで今回は国内旅行派ぷちマイラーのポイント交換ルートをご紹介したいと思います。

登録しているポイントサイトの中で、最終目的地がキャッシュバックなのは、PeX・Point Exchange・ネットマイル・ちょびリッチ・CMサイトの5つ。

Warau JPなどポイント交換・キャッシュバックのどちらにも対応しているポイントサイトはほかにもありますが、手数料無料でPeXに交換できるところはすべてPeXにまとめていているので最終的にはこの5つです。PeXは20ちょっとのポイントをまとめているので、実質のポイントサイト数は30弱ぐらいでしょうか。。

PeX・Point Exchangeのキャッシュバック手数料は銀行によって換わりますが、一番手数料が安いのは住信SBIネット銀行で、PeXは500ポイント(50円分)、Point Exchangeは10,000ポイントにつき80ポイント(80円分)。

PeXは100万ポイントまで一律500ポイントの手数料ですので、まとまったポイントを交換した方がおトクになります。(ただしポイントサイトに大量ポイントを温存すると、その分ポイントが盗まれたりするリスクも増えます。)

ネットマイル・ちょびリッチも住信SBIネット銀行にキャッシュバックでき、どちらも手数料無料。ちょびリッチはPeXにも交換できますが、10%の交換手数料がかかるので直接キャッシュバックした方がおトクです。

住信SBIネット銀行に唯一対応してないのがCMサイトで、こちらは楽天銀行。交換手数料は無料です。

ポイントをキャッシュバックして銀行に預けておけば、万が一のことがあっても預金保険でカバーしてくれます。先日Gポイントで大量の不正ログインによりポイントが盗まれたと発表されましたが、ポイントの不正利用は原則誰も助けてくれません。

キャッシュバックしてポイントが銀行預金に振り替われば、とりあえず一安心。。。


月3回まで振込み手数料無料は魅力的!

ブログランキングが停滞中。ポチっとクリック投票のご協力をお願いです。
にほんブログ村 旅行ブログ マイレージへ「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

この記事のトラックバックURL

http://minimile.blog114.fc2.com/tb.php/1674-7cca31d0

まとめteみた.【【未分類】2012年度版ポイント・マイルの価値(第7回)】
久々の長期連続も第7回。あと数回書くと思いますが、もうしばらくお付き合い下さいませ。前回の記事では国内旅行を前提としてマイルを使う場合、特典航空券交換なら2円=1マイルのポイント交換は微妙、マ介したいと思います。登録しているポイントサイトの中で、最終目的地...

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。