スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【未分類】クレジットカードの利用額を増やす方法(初級編)

昨日の記事のとおり、今日から3回に分けてクレジットカードの利用方法についてご紹介します。

クレジットカードの利用は、レストランの食事代や百貨店などの買い物が中心になると思いますが、最近は生活のいろいろな場面でカード決済が使えます。

うまく使うとカード利用額が増えて、カード会社の会員ステータス(JCBのスターメンバーズなど)も上のランクを狙えますので、できるものはすべてカード払いにしておきましょう。

(公共料金)
公共料金をクレジットカードで払えるかどうかは地域によって違ってきますが、管理人の地元関西では、ほとんどすべて可能です。

電気(関西電力)、ガス(大阪ガス)、固定電話(NTT西日本)をはじめ、インターネットのプロバイダー、携帯電話、新聞、NHK、ケーブルテレビなどクレジットカードで決済しています。我が家では水道代だけカード払いができませんが、できる地域もけっこうあるようです。

公共料金のカード払いは、カード会社のサイト上で手続きできるところとできないところ(その場合は用紙をもらって、カード番号などを記入して返送します。)がありますが、思い立ったら利用額を増やすためにすぐに手続きした方がいいでしょう。(公共料金のカード払いは実際に反映されるまで時間がかかります。)

(家族カード)
家族カードを利用すると、カード会社からは本会員と家族会員の請求がまとめて送られます。カードのポイントは家族の利用分も含めて合算されますが、スターメンバーズなどの基準となる利用額も合算されると思います。(家族カードを持ったことがないので、もしも間違っていたらご指摘下さい。。。)

イオンやイトーヨーカドーなどの大手スーパーなら食料品や日用品もクレジットカード払いが可能です。結婚して家庭をもっている方なら、食料品だけでも月2~3万円ぐらいにはなりますので、嫁さんにカード決済ができるスーパーで買い物をしてもらうだけで年間20~30万円ぐらいは利用額を増やせます。

(電子マネー)
Edyについては、多くのカード会社でEdyチャージをポイント付与対象外、会員ステータスを決める利用額の対象からも外れていますので利用額を増やすとなるとライフカードなどカード会社が限定されてしまいます。

JCBのクイックペイや三井住友ビザのiDなど、後払い方式の電子マネーは使えない場面(ローソンで切手購入など)もありますが、使えるところでは利用額の対象になりますので申し込んでいた方がいいでしょう。

電子マネーはサインレスのため、利用するときに少額だから嫌がられるということがあまりありません。コンビニで数百円という時でも使えます。1年分のカード利用額を集計して、あとちょっとでもうひとつ上のランクになるのに。。。という時に電子マネーで助けられるかもしれません。

(中級編へ続く)

いつもクリックして頂きましてありがとうございます。本日もよろしくお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ マイレージへ

この記事のトラックバックURL

http://minimile.blog114.fc2.com/tb.php/252-92e99587

JCBGOLDカードがお得
☆期間限定☆JCBゴールド初年度年会費◆無料◆ 初年度年会費10,500円が今ならもれなく無料に ハイクオリティなサービスを備えた価値ある...

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。