スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ANA-上級】ANAご利用券+特典航空券で国内線予約

先日、ANAマイルを使って国内線の予約をしました。普通なら単純にマイルを特典航空券に交換して終わりです。ところが、今回は昨年末に有効期限が切れてしまうANAマイルがあったので、今年の1月に交換した「ANAご利用券」が手元に残っています。

9月からANAマイルを「ANAご利用券」に交換するレートが変わり、現在は12,000マイル→15,000円分のクーポンですが、今年の1月に交換したときは20,000マイル→30,000円で、手元のクーポン券は3万円分です。

今度の家族旅行の条件は、夫婦と子供の3人、大阪-東京の往復で、時期は11月。ANAマイルを国内線特典航空券に交換すると、レギュラーシーズンの0~600マイル区間で、往復1人12,000マイルになります。

「ANAご利用券」に交換すると、航空券の代金として使うことになり、ANA国内線で最安運賃は「旅割」。往復の時間を決めてANA SKY WEBで値段を調べると、往路は10,100円、復路は13,100円で往復23,200円でした。

ANAご利用券は1枚5,000円の券で釣り銭が出ません。有効期限も来年の1月までで、秋の家族旅行後はしばらく搭乗する予定がなく、今回の旅行で使い切ってしまわないとクーポン券も失効してしまいます。

ということで、2名分はクーポン券+差額をANAカード決済、1名分は特典航空券にして、獲得マイルと料金面から特典航空券は嫁さんの名前で予約しました。

特典航空券は搭乗マイルがつきません。また、大人も子供も同じマイル数が必要です。

旅割の場合は区間マイルの75%が搭乗マイルとして加算されます。また、ANAワイドゴールドカードを持っているので搭乗ボーナスマイルが25%、これに旅達会員の5%ボーナスマイルで、往復の獲得マイルは600マイル弱。

小児運賃は、ANA SKY WEBで年齢を入力すると自動的に計算され、今回のケースでは往復で1,850円安くなりました。

嫁さんを旅割運賃にすると搭乗マイルはありますが、ANAカードを持っていないので搭乗ボーナスマイルが0。また、自分が特典航空券だとANAカードの搭乗ボーナスマイルがもらえず、子供を特典航空券にすると、大人2人が旅割運賃になってしまい、1,850円の割引がありません。(しかも使うマイルは12,000で大人と同じ。。。)

これからはすべて特典航空券に交換すると思いますが、非常に奥の深い予約でした。。。


ANAマイルの期限が気になる方は、カード発行で4,000マイルがもらえます。

みなさまのクリックでランキングが上がります。下の2つの画像をクリックして頂ければ。。。。。
にほんブログ村 旅行ブログ マイレージへ

この記事のトラックバックURL

http://minimile.blog114.fc2.com/tb.php/409-50997404

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。