スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【JAL-上級】JAL旅行積立の120%活用法(第4回)

旅行積立は、JALもANAもやってます。

キャンペーン・サービス率・クレジットカード払いができるかなど微妙に違いがあるものの、なぜJALの旅行積立を選んだのか?答えはパッケージツアーで旅行券を使おうと思っているからです。

旅行券は航空券・パッケージツアー・ホテルなどいろいろなところで使うことができますが、JALとANAで一番差がつくのはパッケージツアーです。

パッケージツアーを予約して搭乗すると団体包括運賃(区間マイルの50%)がつきますし、JALカードのボーナスマイルもつきます。大阪-東京間のパッケージツアーでも、往復で1人336マイル(JALカード普通会員の場合)の獲得。

ANAカード会員がANAのパッケージツアーに申し込んでもここまでは同条件ですが、JALのパッケージツアーはフライトマイル・フライトボーナスマイルとは別に2つのボーナスマイルが貯まります。

* 旅プラスのボーナスマイル:1人200マイル
* eトラベルプラザのネット予約ボーナスマイル:1人500マイル


これはANAのパッケージツアーにはないサービスです。

さらにJALカードは、JALカード家族プログラムという家族のマイルを合算できるサービスがあり、パッケージツアーで獲得したマイルも合算の対象となります。

わが家の家族旅行は夫婦(嫁はJALカード家族会員)と子供1人。東京-大阪間のツアーならフライトマイル・フライトボーナスマイルで合計952マイル(子供だけフライトボーナスがつきません)、旅プラス・ネット予約のボーナスマイルで2,100マイル(こちらは添い寝プランの子供でもつきます)の合計3,000マイル以上。

ポイントを旅行券に交換してパッケージツアーに申し込むと、旅行券を使った後にマイルが返ってきます。ポイントをマイルに交換して特典航空券で搭乗したときは、一切マイルがつきません。

マイルを「JAL利用クーポン」に交換すると、パッケージツアーの代金として使えますが、主要なポイントはほとんど「2円分のポイント=1マイル=1.5円分のクーポン券」と25%も価値が減ってしまいます。(10万円キャッシュバックしたら10万円分の旅行券になるのが、マイル→クーポンにすると75,000円分の旅行券ということです。)

(次回に続く)


家族のマイルを合算できるのはこのカードだけ。年会費を払っても十分元が取れる1枚です。

みなさまのクリックでランキングが上がります。クリックのご協力をお願いします。。。
にほんブログ村 旅行ブログ マイレージへ

この記事のトラックバックURL

http://minimile.blog114.fc2.com/tb.php/432-1861bd31

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。