スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【共通】大阪-東京の搭乗はJAL・ANAどっちがお得?(後編)

ANAのプラチナ会員やJALのダイヤモンド会員などに手が届かない陸マイラーの方も多いと思います。

陸でマイル貯めている方にとっては、プレミアムポイントやFLY ONポイントより、少しでも多くのマイルが貯まる方がうれしいもの。。。

昨日の記事でご紹介したとおり、国内線のディスカウント運賃で搭乗した場合、フライトマイルやJALカード・ANAカードのフライトボーナスマイルはJAL・ANA互角ですが、そのほかのボーナスマイルで少しだけ差が出てきます。

ANAには旅達会員という無料会員制度があり、旅割運賃で搭乗すると区間マイルの5%がボーナスマイルとして加算されます。大阪-東京の区間マイルは280マイルなので、ボーナスマイルは14マイル。

一方、JALの無料会員制度は旅プラスで、こちらは搭乗の区間マイルに関わらず、国内線なら150ボーナスマイルが貯まります。

ANA(旅達)の5%ボーナスマイルで150マイル以上獲得するのは区間マイルで3,000マイルとなり、国内線で3,000マイル以上の路線はありません。ということは、国内線ならどの区間でもJALの旅プラス・ボーナスマイルの方が有利になります。

そのほかに、JALの伊丹-羽田路線に搭乗して伊丹空港でJAL ICクーポンを1,500円分以上利用すると、 「JAL IC利用クーポン10,000円分プレゼント!キャンペーン」に応募でき、 「JAL国内線 QuiC X マクドナルドキャンペーン」でマクドナルドのビッグマックセットが無料になるかもしれません。

伊丹-羽田路線のディスカウント運賃で搭乗する場合、昨日の記事のとおり空マイラーならANAですが、「FLY ONポイントなんて。。。」という陸マイラーならJALの方が有利となります。

なお、ANAの旅達・JALの旅マイルともに、ボーナスマイルがもらえるのはWEBから予約した時だけ。電話予約などはボーナスマイルの対象外になってしまうので、ご注意下さい。


どんどんJALマイラーになってきています。。。JALマイラーには必須の1枚!

ブログランキングで苦戦中。。。みなさまのクリック頼りです。ポチっとお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ マイレージへ

この記事のトラックバックURL

http://minimile.blog114.fc2.com/tb.php/481-3eaea277

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。