スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【共通】PeXの有効活用法(第2回)

PeXはいろいろなポイントをまとめるだけではありません。いろいろな角度からPeXのメリットを見てみましょう。

(ポイント交換手数料)
PeXのポイントを「貯める」ページではいろいろなサイトが紹介されていますが、昨日の記事でご紹介した16サイトは各サイトからPeXに交換するときにはすべて手数料がかかりません。(もちろんほかにも手数料無料でPeXに交換できるサイトは多数あります。)

またPeXからイーバンクなどへキャッシュバックする場合、手数料無料でポイントサイトから直接キャッシュバックできるサイトもありますが、予想ネット(ゴールド会員を除く)やライフマイルなら振込手数料がかかります。

PeXからイーバンクにキャッシュバックするときも500ポイント(50円分)の手数料がかかりますが、16サイトのポイントをまとめた後で1回50円の手数料と考えれば割安でしょう。

(交換日数)
PeXはリアルタイムという瞬間的にポイント交換が完了する交換方法があります。リアルタイム交換ではないポイント交換も、ほとんどのポイントが1週間ほどでPeXの明細に表示されますので、交換完了までのイライラ感も少ないでしょう。

また、PeXからイーバンクへのキャッシュバックもリアルタイムですので、パソコン上で交換の手続きをしてコンビニに走ればすぐにATMで現金を引き出すことができます。

(有効期限)
PeXのポイントは有効期限がありません。

ECナビやライフマイルのポイントは有効期限があり、ポイントサイトで長期間おいておくとポイントが失効してしまいます。PeXに交換すれば有効期限を気にしなくてもいいので、PeXに交換しておいた方が安全でしょう。

またPeXのポイントを使うときに交換手数料が定額制のものを選ぶと、多くのポイントを貯めた後でまとめて使った方が交換手数料の節約になりますので、「無期限=手数料節約」ということにもなります。

(サイトの信頼性)
PeXの会社概要を見ると、主要株主にサイバーエージェンドや電通といった1部上場企業の名前が上がっていますので、安心してポイントを預けておくことができます。(ただし、交換方法や提携先は変わる可能性がありますので注意が必要です。)

(次回に続く)



簡単で還元率が高いポイントサイト / ポイントモンキー
最近のお気に入りはこの2サイト。短時間のクリックだけでも年に2~3回はPeXにポイント交換できます。

いつもクリックして頂きましてありがとうございます。本日もよろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ マイレージへ

この記事のトラックバックURL

http://minimile.blog114.fc2.com/tb.php/545-c5da58ee

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。