スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【未分類】関西の鉄道系電子マネー事情(第4回)

関西の鉄道系電子マネー特集の最終回は、ICOCAとPiTaPaはどちらがお得なのか。。。という難しいテーマです。

ICOCA・PiTaPaに限らず鉄道系電子マネーの選択については、最終的にどの路線をどの程度利用するかによるでしょう。

通勤や通学なら定期(大阪市営地下鉄のマイスタイルを含む)料金が最安になりますので、磁気定期券・ICOCA定期・PiTaPa定期(ベーシックカードのみ)をクレジットカード払いにするのが基本です。

定期区間外や定期を買うほど電車に乗らないという方は、利用度に応じて検討するしかありません。

PiTaPaエリアは利用頻度が少なければ割引にならない鉄道会社もあるので、月に1~2回程度の乗車ならチャージでポイント・マイルがつくSMART ICOCAでポイント・マイルを拾う。

定期区間外でも利用頻度が多くてPiTaPaの割引額がそこそこあれば、ポイント・マイルはあきらめて割引重視でPiTaPa。

こういう選択になるのではないでしょうか。。。

ただこれだけ鉄道系の電子マネーが複雑化してくると、利用者だけでなく、鉄道会社や対象店舗側が対応できていない場面に多々出くわします。

以前に東京に行ったときに、JR東日本のKIOSKでは問題なくSMART ICOCAを使えましたが、羽田空港のSuica対応店でSMART ICOCAを使えず、代わりにEdyで支払ったことがあります。(しかも2回も。。。)

ICOCAとPiTaPa、SuicaとPASMOの提携に比べて、ICOCAとSuicaの電子マネー提携については認知度が低く、店舗の学生さんらしきアルバイトの方にこれを説明して内容が通じるとは思えない。。。

PiTaPaが阪急・南海・近鉄など複数の鉄道会社で提携できているので、1枚の電子マネーで日本中のJR路線に乗ることができるというのも、技術的には可能だと思います。

個人的に電子マネーの普及は、利用者よりも提携店などで端末を扱う人への教育や全国レベルでの提携がスムーズにできるかにかかっているような気がします。


SMART ICOCAのチャージでもJALマイルが貯まります。

ブログランキングのご協力をお願いします。毎日ポチっと3つの画像をクリックするだけです。。。
にほんブログ村 旅行ブログ マイレージへ「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

この記事のトラックバックURL

http://minimile.blog114.fc2.com/tb.php/624-56b4a5b6

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。