スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ANA-上級】ANA-VISAの裏技でV3を目指す。

最近、Edyチャージでポイントが付与されないクレジットカードが増えてきていますが、クレジットカードで商品券を購入するのはEdyチャージよりハードルが高いと思います。

チケットショップでもほとんどクレジットカードを利用できるところはありませんし、百貨店共通商品券も百貨店で購入するときは現金のみというところがほとんどです。

唯一安心して購入できるのはクレジットカード会社のサービスカウンター。
3ヶ月前に会社で10万円分の商品券が必要になったので、帰り道にVISAのサービスカウンターで購入しました。ANA-VISAカードで問題なく購入でき、2~3日後Vpassで明細を確認したところ、商品券購入もポイント対象で、もちろんマイペイすリボのボーナスポイントも加算されていました。

マイペイすリボ適用時は10万円の商品券購入で200ポイント(=2,000マイル)、前年又は今年の利用額が累計で50万円以上あれば、ボーナスポイントも貯まります。

これを利用して金券ショップで売却しキャッシングの代用にするというのは本来のクレジットカードの使い方ではありませんので、決しておすすめしませんが、(多額の商品券をカードで購入するとクレジットカード会社で警告が入るかもしれません。)クレジットカード会社のステータスで次のランクまで引き上げるのには効果があると思います。

ANA-VISAの三井住友VISAでは、年間300万円以上ならV3、100万円以上ならV2、50万円以上ならV1とランクが決定し、翌年度のカード利用に応じてもらえるボーナスポイントが変わってきます。

今年度の利用額が締切が2008年1月の支払ということは、12月15日の利用までが対象になるのですが、あと10万円の利用があれば次のランクなのに。。。という時にこの技が活きてきます。

Edyチャージでもいいのですが、1回のチャージ限度が25,000円で、何回も連続すると警告が出るかもしれません。また、チャージしてから請求されるまで2ヶ月ぐらいかかりますので、ステータスを決めるぎりぎりの時にチャージしても来年の利用に繰り越されてしまいます。

クレジットカードで商品券を購入することは、Edyチャージと同じように将来の利用に対してクレジットカードのポイントを先取りするという効果があるのですが、その意味でもEdyチャージと同様に将来は改定してポイント加算対象から外れるかもしれません。この技を使うときは必ず事前にクレジットカード会社に確認して下さい。

この記事のトラックバックURL

http://minimile.blog114.fc2.com/tb.php/63-e53ea79b

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。