スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ANA-上級】特典旅行から見る1マイルの価値(2009年7月版)

先週、「国内特典旅行の作り方」という記事を6回連続でご紹介しました。

最終的に、今回の旅行ではANA45,000マイル、楽天の24,000ポイントを利用し、残りは今のところクレジットカード決済。あとはJTBで予約したホテルをポイント払いにしようかどうか迷っているところです。

予約はすべて完了しましたが、マイル・ポイント利用での特典旅行でどれくらい得なのかをちょっと調べてみました。まずは、ANAの国内線特典航空券について。

ANA国内線特典航空券を予約するときには、距離によって4つの区分に、搭乗日によっても3つの区分に分かれます。(詳しくはこちら。)今回予約したのは、601~1,600マイル区間のレギュラーシーズンなので、必要マイル数は1人=15,000マイル。

今回予約したフライトと同じ便を購入するとすれば、最安の旅割運賃で往復42,000円でした。単純に割ると「1マイル=2.8円」の価値。実際には有料予約の場合、フライトマイルとANAカードのフライトボーナスマイルが加算されるので、これを差し引くと2.6円ぐらいになると思いますが、それでも国内旅行でこの価値で使えればいいマイル利用でしょう。

ANAマイルには、ANAサイトからの航空券購入で使えるeクーポンというものもあり、12,000マイルで18,000円分。15,000マイルなら22,500円分なので旅割運賃の片道分程度。特典航空券の方がはるかにお得です。

また、同じ行き先、同じ日なら必要マイル数は変わりませんが、有料予約の場合は時間帯によっても値段が違います。今回予約した行き先は1日4便のスケジュールで、42,000円というのは一番高い運賃の組み合わせでした。

一番安い運賃(往復とも昼過ぎの出発)なら往復32,000円となり、この便でも必要マイル数は15,000マイルなので、1マイル=約2.1円。搭乗後のフライトマイルなどを差し引けば、1マイル=2円以下になってしまうかもしれません。

あと区間マイルの合計が、特典航空券の必要マイル4区分の下限に近いときは要注意です。

今回予約したのは往復1,300マイルほどの区間マイルですが、例えば「大阪-佐賀」は往復で608マイル。今回の予約と同じ必要マイル数になるのですが、旅割運賃を調べると往復2万円と1マイル=1.33円。。。

このレートなら、ティーポイントや楽天から2円=1マイルで交換しない方がいいでしょう。


ANAマイルを貯める第1歩はこのカード。

みなさまのありがたいクリックをお待ちしています。。。
にほんブログ村 旅行ブログ マイレージへ「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

この記事のトラックバックURL

http://minimile.blog114.fc2.com/tb.php/729-6200f78f

マイレージニュースヘッドライン(2009/6/27~2009/7/12)
こんばんは、マイレージ・クレジットカード好きのジョージ滝川です。 今週も、一週間のマイレージ関係のニュースをまとめて振り返りたいと思います。 なお、メールマガジン読者の方には同様の内容+αを毎週土曜日発行のメールマガジンで一足お先にお届けしています。 ?...

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。