スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ANA-中級】2010年もANA-JCBワイドゴールドを使う(第2回)

年会費半額キャッシュバックキャンペーン中のANA-JCBカードですが、初年度だけでなく長期間継続的に使ってもかなりメリットのあるカードだと思ってます。

ANA-JCBワイドゴールドカードのメリットは、ANAカードの特典とJCBカードの特典があり、キャンペーンサイトで紹介されているのは、ほとんどANAカード側の特典です。

いろいろ紹介されている中で、特に大きなメリットとなるのは、

* 入会・継続ボーナスマイルが2,000マイル
* フライトボーナスマイルが区間マイルの25%
* マイル交換手数料が無料
* Edyチャージで200円=ANA1マイル


の3つ。

入会・継続の2,000マイルは、カードの入会・継続だけで貯まりますので、ANA便に搭乗する必要はありません。

JALカードのボーナスマイルは、初年度も2年目以降もJAL便に搭乗しないともらえません。しかもマイル積算運賃での搭乗が条件なので、マイルを使った特典航空券ではボーナスマイルの対象外。陸マイラーにとっては自動的にボーナスマイルが加算されるANAカードの方がメリットがあります。

また、今年はすでに締め切られましたが、ANAゴールドカード特典の手帳・カレンダーの送付が不要と申請すれば、追加で500ボーナスマイルが貯まります。(JALでも同じサービスがありますが、300マイルとANAより少ない。。。)

フライトボーナスマイルは空マイラー向けの特典で、カード利用などでマイルを貯める陸マイラーにとってはあまり重要ではないでしょう。

マイル交換手数料は一般カードなら2,100円(ANA-VISA/MASTERなら6,300円。いずれも10マイルコースの場合。)、これがゴールドカードでは無料になります。年会費を単純に比較すると13,650円ですが、毎年ポイントをANAマイルを交換するとすれば、一般カードでも年に4,200円のコストがかかりますので、差は11,550円。(JCBのOkiDokiポイントの有効期限は2年なので、2年に1回のマイル交換なら交換手数料は年間1,050円。)

EdyチャージによるANAマイルは最近始まった新しいサービスで、ANA-VISA/MASTERではこのサービスはありません。ANAダイナーズでも200円=ANA1マイル貯まりますが、年会費がANA-JCBより6,300円高く、ほかの特典を考えるとANA-JCBの方が上でしょう。(ゴールドカード特典なので、ANA-JCBでも一般カードではEdyチャージによるANAマイルが貯まりません。)

あとは、JCB側のゴールド特典ですが、次回の記事でご紹介します。


JCBギフトカード1万円がもらえるチャンス!

みなさまの温かいクリックでランクアップ中。本日もクリックのご協力をお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ マイレージへ「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

この記事のトラックバックURL

http://minimile.blog114.fc2.com/tb.php/759-3f3aafdc

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。