スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【未分類】超・ポイント管理法(最終回)

昨日までの記事で、3つのツールを使いながらあちこちにあるポイントをまとめる方法をご紹介してきました。

まとめる方法だけを紹介してきましたが、ポイント管理で最も大切なのは最終的なポイントの使い方。これがはっきりしなければポイントの交換先や交換レートが決まらないので、集計できません。

例えば、昨日の記事にあるポイント管理表で、ちょびリッチは住信SBI銀行へのキャッシュバックとしていますが、「ちょびリッチ→Yahoo→JALマイル」または「ちょびリッチ→ティーポイント→ANAマイル」で交換すると、いずれのマイルも4ポイント(2円分)→1マイルになります。

ぷちマイラーは国内旅行派なので、JAL・ANAマイルは国内線の特典航空券か国内ツアー(クーポン)で使うことが多いのですが、2円=1マイル以上で利用する機会はそうそうありません。

ツアーならクーポンへの交換レートがJAL1マイルで1.5円(ANAは1マイル=1.25円)なので、2円=1マイルで交換すると損します。

国内線特典航空券でも、年末年始やGWなどピークシーズンの予約で長距離路線なら1マイル=3円ぐらいの価値がありますが、オフシーズンの東京-大阪路線ぐらいなら、JALサイトで販売している割引運賃から見ると2円=1マイルは微妙。(ピークシーズンの特典航空券は予約するのもなかなか難しい。。。)

ということで、2円=1マイルならマイルに交換せずにキャッシュバックするのが基本。パッケージツアーをJAL・ANAカード払いで予約して、カードの引き落としをめがけてキャッシュバックする方が、マイル→クーポンよりはお得でしょう。(カード決済のマイルも貯まりますし。。。)

ただ、国際線のアップグレード特典でマイルを使うなら、2円=1マイルで交換しても損することはありませんので、ちょびリッチやネットマイルなどはJALまたはANAの管理表に含めるべきでしょう。

ポイントをどのように使うのかは、人それぞれ。

ご紹介したポイント以外にもまだまだポイントはありますので、自分のポイントの使い方から交換先・交換レートを加えて、ポイント管理表をカスタマイズして頂ければと思います。

長編におつきあい下さいましてありがとうございました。よければポチッとクリックを。。。
にほんブログ村 旅行ブログ マイレージへ「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

この記事のトラックバックURL

http://minimile.blog114.fc2.com/tb.php/837-e0346f59

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。